HOMEHOME オフィス案内オフィス案内 コース一覧コース一覧 お客様の声お客様の声 よくある質問Q&Aよくある質問Q&A お問い合わせ先お問い合わせ先

HOME > よくある質問

よくある質問 Q&A


●コース
Q.初心者でも縄文杉日帰りトレッキングに参加できますか?
A.はい。初心者の方も多く参加されています。
体力に関してはなかなか個人差があるので判断しづらいのですが、基本的な基礎体力があれば、大丈夫かと思います。
でも、縄文杉の日帰りはかなり体力を消耗しますので、階段の上り下りをするなど、体力トレーニングを心がけて下さい。


Q.縄文杉日帰りトレッキングか縄文杉一泊二日トレッキングキャンプでは、どちらがお勧めですか?
A.縄文杉日帰りトレッキングは往復22キロ、1日約10時間歩くことになります。
縄文杉に到着しても、そこからまた片道を歩いて帰らなければならないので、あまりゆっくり出来ません。
その点、一泊二日トレッキングキャンプの場合だと、1日で片道の11キロを歩くことになるので、
体力的にも時間的にも余裕が出来、ゆっくり楽しむことが出来ます。
天気が良ければ、月明かりに照らされる縄文杉や朝焼けでオレンジ色になる縄文杉を見ることも出来ます。
ゆっくりとお楽しみ頂くには、一泊二日トレッキングキャンプをお勧め致します。


Q.初心者でも宮之浦岳ー縄文杉一泊二日トレッキングキャンプへ行くことは可能ですか?
A.可能ですが、かなりハードなものになると思います。
泊まりの場合、シュラフや防寒着など、約6~7キロの荷物を背負って歩くことになります。
特に一日目は登りが多く、それなりに距離もありますのであまりゆっくりは出来ません。
どうしても宮之浦岳、縄文杉へ行きたいとご希望される方には、日帰りトレッキングをお勧めします。
日帰りの場合は、もし途中でリタイアすることになればそこで引き返すことも可能です。
でも、それでもやはり宮之浦岳ー縄文杉一泊二日トレッキングキャンプに行かれたいという方は、一度ご相談ください。


Q.縄文杉一泊二日トレッキングキャンプで、白谷雲水峡へ寄ることは可能ですか?
A.縄文杉一泊二日トレッキングキャンプに白谷を加えるのは、体力的に少し負担が増えるのと、
白谷をザッと通るのはもったいないのであまりお勧めできません。
どうしても、白谷下山をご希望される場合はご連絡ください。
また、その際オプション料金¥4000が必要になります。

ページトップへ

●送迎
Q.宿までの送迎はしてもらえますか?
A.はい。送迎のサービスをしております。尾之間~安房の間でお宿を取ってもらえると助かります。
縄文杉や宮之浦岳日帰りトレッキングの場合、宮之浦~永田付近にお泊まりの方は安房の屋久杉自然館での集合となることもありますのでご了承下さい。

ページトップへ

●宿
Q.お勧めのお宿はありますか?
A.HPのリンク集に宿情報を載せてありますので、ご参考下さい。
各お宿のHPアドレスも載っていますので、詳細がわかると思います。
http://www.office-manatsu.com/link_list.html#宿情報

ページトップへ

●装備
Q.飲み物はどれくらい必要ですか?
A.だいたいのコースで所々の沢で水を汲むことが可能ですので、500ml程が入る水筒
が1つあれば大丈夫かと思います。ただ、夏場はよく汗をかきますので、普段からよく
水分を取られる方は2つ用意するか、大きめのものを用意してください。また、水場の
少ないルート(愛子岳パノラマトレッキングや花山一泊二日トレッキングキャンプな
ど)もありますので、その場合は2つ以上必要になります。
 
Q.靴はスニーカーでは駄目ですか?
A.スニーカーでもいけなくはないですが、雨が降ったりすると、濡れてしまい非常に歩きにくくなります。
また、登山道は滑りやすいところもありますので、滑り止めなどの効果や足首の保護もできる登山靴をお勧めします。
屋久島で登山靴のレンタルもしていますので、ご利用ください。また、ご利用の場合は前もって予約しておいてください。
 
[宮之浦]ナカガワスポーツ     0997-42-0341
     やくしま屋        0997ー42ー1680
[安房]山岳太郎ショップ      0997-49-7112 
    カミヤマレンタカー     0997-49-7070
 
Q.雨具は安価の簡易カッパでも大丈夫ですか?
A.できれば、アウトドアのお店などで売っているゴアテックスのものをお勧めします。
簡易カッパの場合、中が蒸れてしまったり、破れやすく、強い雨などの場合はカッパの役割を果たさないこともあります。
最悪の場合、体を壊したり、低体温症の原因にもなります。その点、ゴアテックスの物だと防水はもちろん、
蒸れにくくなっているので雨の中でも比較的快適に活用できます。寒い時には防寒着としても使えます。
ゴアテックスのカッパを買うのは高いという方には、レンタル屋さんで借りることも可能なので、ご利用ください。
(上記のレンタル屋さんをご参考ください)
 
Q.雨具はカッパと折りたたみ傘の両方必要ですか?
A.はい。お昼ご飯を食べる際、屋根のない場所も多いので、雨が降っている時はとても役立ちます。
また、カッパの帽子をかぶってしまうと、周りを見ることが不便になったり声が聞こえにくくなるので、傘も併用すると便利です。
 
Q.オフィスまなつでレンタルはしていますか?
A.はい。しています。ザック、ザックカバー、シュラフ、シュラフマット、ステッキ、スパッツ、ヘッドランプ、折りたたみ傘の8点をレンタルしています。
ザック、シュラフは¥1000,それ以外は¥400です。詳しくはHPの装備リストをご覧下さい。
http://office-manatsu.com/soubi.html
 
Q.ステッキはあった方がいいですか?
A.なくても大丈夫ですが、あると上り下りの際にとても便利です。特に下りは、膝に疲れがたまってくる方が多いので、ステッキを使って膝にかかる重さを分散させると楽になります。
高い所が苦手な方や、バランスをとるのが苦手な方にもお勧めします。
 
Q.「スパッツ」というのはズボンの下に着るものですか?
A.いいえ。「スパッツ」というのは足下につけるもので、防水や汚れ防止に利用するものです。
当オフィスでレンタルしています。写真もありますので、ご参考下さい。
http://office-manatsu.com/soubi.html
 
Q.ザックカバーは必要ですか?
A.天気が良ければ、なくても大丈夫ですが、何時雨が降るかもわかりませんので、準備は必要です。
日帰りであれば、ザックを覆えるゴミ袋などでも代用できます。一泊二日トレッキングキャンプでは、
シュラフなどが濡れてしまうと困るので、しっかりした物があった方が良いと思います。
中が濡れないことはもちろん、汚れ防止にも利用できます。
 
Q.ヘッドランプは必要ですか?
A.縄文杉日帰りトレッキングや宮之浦岳日帰りトレッキングの場合は、スタートをする時点でまだ暗い場合や、下山が遅くなる可能性もありますので、必ずご用意ください。
また、一泊二日トレッキングキャンプでは、山小屋やテント場には全く明かりはありませんので、必須です。
それ以外のコースでは、必須ではありませんが、非常時の為にもご用意ください。
 
Q.シュラフマットとは何ですか?必要ですか?
A.シュラフマットというのは、シュラフ(寝袋)の下に敷くマットです。
キャンプでは床板の小屋に泊まったり、テントを張って泊まるので、マットがないと寝づらくなります。
マットがあると快適に休めますよ。

ページトップへ

●日帰りトレッキングの服装
Q.日帰りトレッキングの場合、どんな服装で行くのがいいですか?
A.
○4~6月/10~11月
半袖or長袖Tシャツ+羽織るもの(長袖ブラウス・薄手のフリース)+動きやすいズボン


○7~9月
半袖Tシャツ+動きやすいズボン


○12~3月
長袖Tシャツ+羽織るもの(長袖ブラウス・薄手のフリース)+フリース+動きやすいズボン+手袋+帽子
※12~3月は冷え込むこともありますので、セーターなどの防寒着もご用意ください。また、上記したものは一例です。


Q.ジーパンでも行けますか?
A.ジーパンだと、山道を歩く際に突っ張って歩きにくかったり、雨が降って濡れた場合、とても歩きにくくなります。
また、乾きにくいので、濡れたままで歩いていると冷え、それによって肉離れや痙攣を起こす可能性もあります。なので、ズボンはトレッキング用のズボンやジャージなどの動きやすい化繊のズボンをお勧めします。

ページトップへ

●トレッキングキャンプ時の防寒具
Q.トレッキングキャンプの時、防寒具はどの程度必要ですか?
A.(日中の服装は上記を参考にしてください)
○4~6月/10~11月
フリースorセーター


○7~9月
長袖ブラウスor薄手のフリース


○12~3月
フリースorセーター、タイツ、携帯用カイロ

ページトップへ

●お勧めの季節・天気
Q.どの季節がお勧めですか?/ベストシーズンはいつですか?
A.春夏秋冬、それぞれに良さがあって「この季節!」とはなかなか言い難いので、各季節のお勧めをお伝えします。
春は新緑や花が多いので色鮮やかな森をお楽しみいただけます。
夏は海でシュノーケリングをしたり、川で沢登りをして暑さをしのいだり、キャンプをするには朝晩はそこまで冷えないのでお勧めです。
秋は緑色の山肌に、所々紅葉した木々を見るのが楽しく、また、夏の暑さが和らいで歩きやすくなります。
冬は観光客の方が少ないので静かな森を歩くことができます。また、積雪のある時は雪の白色が周りの緑色を引き立てて、とてもきれいです。
冷たい空気が心地よく歩けます。温泉も、より気持ちよく入れますよ。


Q.雨の少ない時期はいつですか?/天気の良い時はいつですか?
A.7~8月は、台風が来なければ、良い天気が続きます。10~2月は、雨の少ない季節です。
でもお勧めの季節と同様、天気に関しましては「この月!」と言い難いものがあります。
なぜかというと、梅雨の時期でも晴れることはありますし、雨の少ない時期でも降ることはあるのです。ですので、屋久島に来る日程を決めるには、雨の降る・降らないで決めるのではなく、例えば上記したような「花の多い季節」だったり、
「色合いの綺麗な季節」だったり、「海に入れる季節」だったりと、何か目的やご希望から選ばれることをお勧めします。
「こんな希望があるのだけど、いつがいいかわからない」という時は、お気軽にご相談ください。

ページトップへ

●早朝弁当
Q,縄文杉/宮之浦岳日帰りトレッキングに参加する時の朝食・昼食はどこで買えますか?
A.お宿の方へ予約しておくか、登山口へ向かう途中に「あさひ弁当」という早朝弁当屋さんがあるので、そこに寄ることが可能です。
前日までに予約しておいて下さい。


・あさひ弁当:0997-46-4007
・おにぎり弁当(プラスチックのお弁当箱)
・おにぎり2個入り ¥520
・    3個入り ¥630

ページトップへ

●お問い合わせ
質問など、何でもお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームはこちらから